{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012688222481   整理番号:58A0054777

脳波学 II 脳波信号の処理法

Bewerking van het elektro-encefalografisch signaal.
著者 (2件):
資料名:
巻: 36  号: 15  ページ: 374-377  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
信号の周波数,脳髄および名種脳髄部分の信号の時間相関関係,名種脳髄部分の電位関係などについて20年間に各種の報告がなされた。ワルテル,フウフェル,ベッケリングなどの提案した周波数分析機,および信号の時間相関関係を分析するワルテルおよびベッッへのトボスコープ,振幅相関関係などに注目するレモンのトポスコープ,その他ブラジールの自動および相互関係法などが挙げられ,これらの性質を簡潔に叙述した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る