{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012753964407   整理番号:62A0017518

K+-重水素実験の分析

Analysis of the K+-deuterium experiments.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 159-175  発行年: 1962年
JST資料番号: A0410A  ISSN: 0003-4916  CODEN: APNYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
素2粒子過程によるK+中間子-重陽子散乱の分析結果の適用を行った。K+-中性子相互作用にはS波だけが寄与すると仮定した。K+d→K0pp過程に関する重水素あわ箱を用いて得られた最近のデータを用いてこの仮定を確かめた。このデータを用いて,T=OK-核子系電荷スピン零の状態の散乱パラメータに対する2種の解を得た
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る