{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012789596293   整理番号:58A0067634

接触溶接の過程を研究する場合のホール効果の利用について新しい半導体材の研究がホール効果の技術の利用の前途を打開した.溶接機の2次電流の記録と測定,電極の研究,2次容量の記録と測定などについて書いている

Об использовании эффекта Холла при исследовании процессов контактной сварки.
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 53-55  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る