{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012832456131   整理番号:60A0105910

計算機と操作者をむすぶ光電ペン

Light-pen links computer to operator.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号: 47  ページ: 85-87  発行年: 1959年
JST資料番号: B0455B  ISSN: 0013-5070  CODEN: ELECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
計算機の出力として使用されているブラウン管表示装置に光電ペンを付け,この装置を媒介として操作者と計算機の間で情報の交換ができる.MITのTX-2の付属装置で,ドッドの行列よりなる表示されたパターン上に充電ベンをあて,その検出電圧で,フリップ・フロップを‘1’にセットする.この状態により計算機のプログラムの条件付き飛び越し命令が動作しgプログラムを制御できる
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る