{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602012931362670   整理番号:58A0061105

高電力進行波管の減衰器中での相互作用

Interaction Within the Attenuator of a High Power T.W.T.
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 62-64  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0287A  CODEN: JELCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
進行波管の滅衰器中の利得と飽和電力レベルとは,部分的にhelixのピッチを増すことによって改良されるだろうことが提案されている。これを裏書きするような実験の結果が得られた。この減衰器は二つのセラミックの管からなり,いずれも内面と外面とをグラフ7イトで蔽ってある。この実験結果は,小信号利得とビーム電圧との関係で,理論的な予測と非常によく合っている
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る