{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012944302439   整理番号:58A0056118

水力発電機の界磁回路の絶縁の自動検出装置

Устройство автоматического контроля изоля-ции цепей возбуждения гидрогенераторов.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 49-50  発行年: 1958年
JST資料番号: R0026A  ISSN: 0201-4564  CODEN: EKSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水力発電機の界磁回路の絶縁劣化を自動的に検出する装置をある遠隔制御の発電所に取付けた.この必要性はう年間に発電機界磁回路で4回接地事故があったからである.この検出回路を原理とともに記述
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る