{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012952702268   整理番号:60A0029865

ジルコニウム結晶ガラス製のボイラ水の水準指示器の運転経験

How to design suction piping deaerator storage capacityto protect boiler feed pumps
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 104-107  発行年: 1960年
JST資料番号: C0110A  ISSN: 1527-4055  CODEN: HPAOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[現在まで高圧ボイラのドラム中の水準を直視する方法はその水準を一定に保つ基本的な方策である.ドンバス電力系統の発電所に対して1955年まではマイカ硝子によるものか用いられていた.1955年からこの代わりにジリコニウム結晶が用いられるようになった.本文はこれによる水準器の構造および試験結果について記す.試験の結果表記のガラスは充分な信頼度を有することが分わった.今後はこの種のガラスを大量を産すると結んでいる;図1表1]

前のページに戻る