{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013034312976   整理番号:60A0121888

ライン山地におけるデボン紀のさんごしょうI

Die devonischen Riffe im Rheinischen Schiefergebirge.I.
著者 (1件):
資料名:
巻: 110  号:ページ: 186-258,258(3)-(21)  発行年: 1960年
JST資料番号: D0197A  ISSN: 0077-7749  CODEN: NEJPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記地域の中部デボン系と,一部は上部デボン系にはさんごしょうたい積物が多い.小型しょうは中部デボン系下部に,大型biohermの集合よりなる塊状石灰岩は中部デボン系上部に著しく発達する.これらには各種の型があり,これらを構成する化石生物の種類,たい積物の構造,直接接する他の岩相との関係を,砂岩-けつ岩相,石灰質-泥灰質相および塊状石灰岩相にわけて綿密に記載し,岩相および生物学的見地から検討を加える.しょう生石灰岩と互層し,ときにそれと斜交する砂岩には水中地すべりなどたい積当時の構造が認められるので,当時のSchwelleの位置を推定し得る;写28図7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る