{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013145817520   整理番号:60A0088677

CTコピーはアグファカラの欠陥を補う

Die CT-Kopie schliesst die letzte Luecke im Agfacolor-Programm.
資料名:
巻: 11  号:ページ: 156-158  発行年: 1960年
JST資料番号: D0321A  ISSN: 0031-8574  CODEN: PHTWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ネガは原理上どんなガンマでも得られるがネガポジ方式では1.6,1.8ガンマに達するのは困難ではない.たとえばネガを平均0.8ガンマにしたがって調節することは非常に容易である.反転方式では透過性のガンマは1.6と1.8の間で変わるのが普通なので難かしい.アグファカラCTコピーは中間コントラストによい.コントラストが強過ぎたり露出過多の透過フィルムでは適当でない.コントラストの低いスライド,色彩の調子を出すネガのコピに最適
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る