{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013152537400   整理番号:71A0097004

クレーンの自動化とは何か

著者 (2件):
資料名:
巻: 58  号:ページ: 113-116  発行年: 1971年
JST資料番号: F0136A  ISSN: 0386-5576  CODEN: DZAOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来のクレーン構造あるいは管理体制では,省力化はできても無人化はできないといわれていたが,スタッカークレーンと立体格納方式という新しい組合せで,無人化倉庫が実現した。自動化の問題点は,装置の信頼性,システムのバックアップ,保守と安全の容易性にある。自動化の目的を達成するには,運搬の連続化,荷のコンテナ化,制御装置の無接点化,故障検出回路の充実および電子計算機の導入などを考慮して計画すべきである。当量する具体的事項は,つり荷の自動振止め方式,信号の伝送方式,座標検出方式,衝突防止装置,物品の位置確認などである;写図2
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る