{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013157917007   整理番号:58A0059957

電気部品の評価へのBox法の応用(追加)

An Application of the Box Technique to the Evaluation of Electrical Components (Addendum).
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: RQC14  ページ: 69-72  発行年: 1958年
JST資料番号: C0448A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記の論文において用いたパルス応答因子とRcsの二つの変数に対する応答の統計分析の例があげられている。最後に,簡単な二次形式で近似ができるようにするために,ある変換を行うことが重要としている。たとえば電力を用いず電力の対数を用いる方がよりよいという。また,分散表分析において,分散のどれが直線項に関係し,どれが二次の項に関係するかを知ることは重要である
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る