{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013175774752   整理番号:58A0059772

テレビジョン受像機の進歩

Progress in TV-Receiver Reliability.
著者 (1件):
資料名:
巻: RQC-13  号:ページ: 36-44  発行年: 1958年
JST資料番号: C0238A  CODEN: IRBSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
過去3年間,15089本の受像管に1400万時間の寿命試験を行った結果と結論が報告された1.受像機不良は受像管と機械設計に関係する。2.受像管の改良により数年間に相当の機械改良ができ島それ以上の改良は設計を変える必要がある。3.破損原因と位置の知識は改良に最も有効であった。4.受像機の寿命はUHFの増設には関係しない
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る