{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013269379539   整理番号:60A0045116

短時間,急速加熱高温試験法

Shorttime rapidheating elevated temperature testing
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 641-642  発行年: 1960年
JST資料番号: C0321A  ISSN: 0148-6608  CODEN: JOMTAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
UPWTの実験用に可能な方法とその応用についてのべる.石英管ラップ(水冷反射板付の96本,有効放熱面積2×8ft2)の放熱装置を超音速気流中に露出し測定用パネルC0.135in厚2024-T3A1)を向い側に置きこれに無電堆(25個)マノメータ(32点)をつけ測定を行なった.結果によると初期加熱速度は約=26Bt14/ft2 ・ se c が121nの所で得られ,また水冷による長時間作動も可能なことを知る.この装置近くに試験体を置く場合には長いランプなどによりランプ端の問題などをきけるなどの点を考慮すれば賦体が81nの所で7,000°F 以上の場合の実験も長時間行なうことができる;写2図11表1参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る