{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013335447451   整理番号:58A0008743

慣性誘導法は飛行機,弾導弾を誘導する

Inertial Guidance Directs Plance,and Missiles.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号: 12  ページ: 56-59  発行年: 1958年
JST資料番号: D0488A  ISSN: 0033-7862  CODEN: RAECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
翼慣性誘導,すなわち加速度計を用いで走行距離を算出して飛行体を誘導する方法け電波などを男いないので他より発見および妨害をされる可能性が少く,発射基地も隠しやすいため軍事上の意義が大きい.こり方式の概要を紹介した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る