{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013415039885   整理番号:62A0046848

切削速度を一定に保て

Keep cutting speeds uniform.
著者 (1件):
資料名:
巻: 105  号: 26  ページ: 57-60  発行年: 1961年
JST資料番号: A0382A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
切剤速度を一定に保っことは,精密部品や切削し難い材料(超合金や耐火合金など)でとくに必要である.これにより速度変換のため主軸を停止する必要がなく,仕上げ面も工具寿命も改善される.Co Lmonoy被覆の鋳鉄プランジャ加工の例では従来の方法で32分(仕上げあらさ250~63mu ln)を要したのに対し4:1の幅を持つ無段変速主軸による定切剤速度加工では約7分(あらさ16皿l in)で済んだ.定切剤速度を得る方法として,旋盤横送り台に取付けた近似直線カム,実用修正カムと可変抵抗器を用いる方法,電子制御,ならい旋盤に応用する場合の問題について述べる;写2図1表1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る