{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013415226065   整理番号:60A0099642

水車発電機の出力増加の将来の方向

Перспективы повышения мощности гидрогенераторов.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 11  ページ: 4-8  発行年: 1959年
JST資料番号: R0119A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現在の構造では,回転子の周辺速度の制限が出力に限界を与え.40~50万kWが限度となることを説明し,導体と鉄心を直接水冷すれば100万kW程度ものが可能と述べた.水冷式の利点を挙げ,100万kW,20kV,83.3rpmの発電機の各種リアクタンス,損失・重量などとその水冷構造の一例を示し,水冷構造の採用により銅量1/4,鉄量1/2の節約になると指摘
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る