{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013448312773   整理番号:62A0155282

平炉の製鋼量増加と最近の設計

Zvysovani Vyrobnosti SM peci a jejich moderni konstrukce.
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号: 12  ページ: 856-862  発行年: 1961年
JST資料番号: D0267A  ISSN: 0018-8069  CODEN: HUTLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧チェコスロバキア (CSK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高度の加熱用燃料を使用して平炉の製鋼量を高めることが外国で実証されている。製鋼量の増大をはかるには炎が鋼浴と十分接触することは重要である。合理的に設計された炉中では圧縮空気または噴流オイルを用いて短かくて鋭い炎をうることが出来る。同時に製鋼量増大のにめには特に炉修時間を短縮して操業時間の改良に留意すべきで,この点Maerz-Boelensov型のPaneel設計の利用は有効である。これは炉の損傷あるいは融解部分が操業中でも取り換えうる特徴がある;図11表1参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る