{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013477153722   整理番号:58A0021566

模型粒子の電気泳動 II 吸着したカルボキシルコロイドの移動度のpHに対する関係および陽イオン電荷逆転濃度

Electrophoretic Studies on Model Particles. Part 2. The Mobility against pH Behaviour and the Cation Charge Reversal Concentrations of Adsorbed Carboxyl Colloids.
著者 (2件):
資料名:
巻: 54  号: 11  ページ: 1748-1753  発行年: 1958年
JST資料番号: E0274A  CODEN: TFSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カルボキシル基を有する8種の天然および合成高分子を炭化水素の滴に吸着させた場合の,高分子の移動度とpHとの関係および表面負荷電が最大になるpH7における荷電逆転濃度を Th4+,Ce3+,Ba2+ などの塩を用いて測定

前のページに戻る