{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013532612812   整理番号:60A0133428

直射によるまぶしさの実験データと,実際の照明設計への応用

Practical application of direct discomfort glare research in the new Australian artificial lighting code.
著者 (1件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 169-184  発行年: 1959年
JST資料番号: E0275A  CODEN: IESLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
照明設計の実行上,まぶしさを避けるための資料に乏しいことはあい路となっているが,これは実験室のデータから,設計に役立つ形にまで持ってくることが困難だからであると指摘,ここにその方法について述べた.照明器具に許される輝きの大きさの限界は,要求される精度を実際使用上の観点から考えて,表を作ることにより簡単に求められることを示した
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る