{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013568829460   整理番号:60A0070197

チオグリコール重合体 II チオグリコールと2,2’-ジオキシ ジエチルジスルフィドの五酸化りん触媒による自動縮合

Thioglycol polymers.II.Phosphorus pentoxide-catalysed antocondensation of thiodiglycol and 2,2’-dihydroxydiethyl disulfide.
著者 (3件):
資料名:
巻: 41  号: 138  ページ: 225-230  発行年: 1959年
JST資料番号: C0337A  CODEN: JPSCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
11種の触媒を用いて重合速度を測定.P2O5とチオジクリコール140°/760mmで12時間反応,M.W.2500,ηsp 0.067の粘性液体からM.W.6500,ηsp 1.061ゴム状,暗褐色のワックス状のものをえた.触媒は消費される.2,2-ジオキシジスルフィドは同じ条件で弾性のある不溶性重合体となる

前のページに戻る