{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602013630684767   整理番号:58A0071874

逐次近似法によるラーメン部材の挫屈長

Die Bestimmung durch schrittweise Naeherung der Saeulenknicklaenge bei Stockwerkrahmen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 35  号:ページ: 303-308  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0057A  ISSN: 0932-8351  CODEN: BAUTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来の示方書では細長比を最高104までとっているがこの値は適当ではないので新しい計算基準では細長比を最高275までとってもよいことにして挫屈長の精密な決定を要求している本文では格点変位を生ずるラーメンについて計算を行いその挫屈長を考察し,次に一般的な場合について計算例を示している
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る