{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013643246262   整理番号:60A0117967

エキスカベータによるずり山処理の場合の最適のずり捨長さの決定

Определение оптимальной длины отвельмых тупиков при экскаваторном отвалообразоваиин.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 23-30  発行年: 1960年
JST資料番号: R0147A  ISSN: 0536-1028  CODEN: IVUOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
処理能力はずり山の長さによって著しく影響を受けるが短いほど能率的でもない。ずり山の高さ,機械の能力その他に応じて,1,600-1,800m,1,800-2,000mなどの最適長さが数式的に導かれている;図4参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る