{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602013676662741   整理番号:58A0059641

相関によるパルス反射故障点表示法の改善

Amelioration aux procedes impulsionnels de localisation par emploi de l’intercorrelation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 162-169  発行年: 1958年
JST資料番号: B0220A  ISSN: 0007-9308  CODEN: CTRAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
反射法により遠距離の故障点を発見するよLう増幅を行う場合には雑音のためパルスの観測が困難となるので相関法を使うが,この方法の限界を調べた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る