{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013741010641   整理番号:71A0373711

2,4-キシレノールとホルムアルデヒドおよび亜硫酸ナトリウムとの反応生成物

著者 (2件):
資料名:
巻: 28  号: 11  ページ: 1133-1136  発行年: 1970年
JST資料番号: F0383A  ISSN: 0037-9980  CODEN: YGKKAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2,4-キシレノール(I),ホルマリンおよび亜硫酸ナトリウムの反応を125°C,1.8~2.0kg/cm2の加圧下に行ない,反応混合物から,2,2′-ジオキシ-3,5,3′,5′-テトラメチルジフェニルメタン(II),2-オキシ-3,5-ジメチルベンジルアルコール(III),2,4-をキシレノール-6-メタンスルホン酸塩(IV),および未反応のIを分離,同定した.各化合物の量を薄層クロマトグラフ法で求めた.4.5時間反応後の生成物は,II73.40%,III 1.83%,IV 20.18%,I 1.83%,および4種の未確認物質であった.この反応系中では,Iは,ホルマリンと亜硫酸ナトリウムより生じたホルムアルデヒドおよびアルデヒドビスルフィトの両方と反応していることを推定:参12
引用文献 (12件):
  • 1) PB-Report 74120
  • 2) W. Harmsen, Ber. 13 1558 (1880)
  • 3) L.F. Fieser, J. Cason, J. Am. Chem. Soc. 61 1744 (1939)
  • 4) 杉山登, 有機化合物微量確認法p.363昭32年培風館
  • 5) D.H. Whiffen, H.W. Thompson, J. Chem. Soc. 268 (1945)
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る