{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013770478857   整理番号:60A0081455

二酸化ウランの成形圧,焼成温度と密度との関係

Pressure-temperature-density relationships in several samples of UO2.
著者 (3件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 69-73  発行年: 1960年
JST資料番号: A0366A  ISSN: 0002-7812  CODEN: ACSBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
四種の二酸化ウランにつき,ボールミル粉砕時間,乾式成形圧および焼結温度とかさ比重の関係を求め,硝酸ウラニルからつくった二酸化ウランよりも重ウラン酸アンモニウムからつくった方が焼結しやすいこと,粉砕時間,成形圧,焼成温度の適当な組み合わせにより理論値の97%と同程度の密度のものを作りうることを明らかにした;写3図4表2参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る