{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013822703455   整理番号:58A0059531

振幅変調送信機のC級出力段(動作周波数帯内で負荷インピーダンスが変化する場合の動作条件)

Amplitude-Modulated Transmitter Class-C Output Stage.
著者 (2件):
資料名:
巻: 105  号: 24  ページ: 523-531  発行年: 1958年
JST資料番号: D0381A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
C級出力段の動作様式を,負荷インピーダンスが動作周波数帯域内で変化する場合について特に詳しく検討した.典型的な例は長波放送用送信機の場合で,陽極回路のインピーダンスは非直線ひずみを避ける為には搬送波周波数を中心として対称的に変化せねばならぬ.そして搬送波の両側でインピーダンスが増加する時は十分に変調されるが,減少する時はだめである
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る