{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013876389233   整理番号:58A0058553

超伝導避位無線周波ミクサとクライオトロンのスイッチング時間の問題 [寄書]

The Superconductive Transition Radio-Frequency Mixer and the Problem of Cryotron Switching Time.
著者 (2件):
資料名:
巻: 46  号: 11  ページ: 1871  発行年: 1958年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クライオトロンなどの超伝導遷位を利用した装置には回路設計で定る時定数L/Rに無関係に超伝導状態力ら正規伝導状態にうつるに要する時間によってスイッチング時間に絶対的な制限が課される.超伝導を利用した無線周波ミクサに関する測定によってこれを決定する問題に一歩近づいた.現在の実験では1.2×10-9秒という今まで得られない短い値を得た
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る