{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013881827460   整理番号:60A0087614

オキシ酸からのジカルボン酸の製造

Получение дикарбоновых кислот из оксикислот.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 112-114  発行年: 1960年
JST資料番号: R0049A  ISSN: 0023-110X  CODEN: KPRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ディーゼル燃料から分離した流動パラフィンを120°で空気酸化して得たオキシデート(オキシ酸62%)を硝酸で酸化する方法。オキシデート:HNO3の比,温度,時間をいろいろにした場合のジカルボン酸の収率。ジカルボン酸混合物の組成は,こはく酸34%,グルタル酸19%,アジピン酸16%,ピメリン酸10%,高分子酸21%。多量にジカルボン酸を製する酸化実験を行なった結果の粗ジカルボン酸の収率は37%(出発オキシデートに対し),その蒸留後の収率は粗ジカルボン酸に対し約75%;表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る