{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013913979305   整理番号:60A0005378

けい素の屈折率の温度依存性

Die Temperaturabhaengigkeit des Brechungsindex von Silizium.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 317-326  発行年: 1960年
JST資料番号: B0329A  ISSN: 0011-4626  CODEN: CZYPAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧チェコスロバキア (CSK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
波長1.1-5.5μ,温度109-750°Kでけい素の屈折率nの温度Tへの依存性を導いた。n=f(T)は非線形で低温領域(T≧170°K)ではn~T2である。単極結晶の屈折率に対するはっきりした量子力学的関係がないため,観測された依存性を理論的に解釈できないが,絶縁体に対する古典的ローレンツの関係を適用してdn/dTの数値を表わすことはできる。計算値は実験値とよく合い,結果は単極結晶の屈折率の温度依存に関するAntoncikの理論に一致した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る