{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602013915824465   整理番号:62A0132897

電力系統の保護装置の発展傾向とその応用の困難さ

Developmental trends and application troubles in the protection of electrical power systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 33  号: 12  ページ: 417-435  発行年: 1961年
JST資料番号: C0306A  ISSN: 0020-3319  CODEN: JISGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現実には,保護の全ての形態は次の3つの基本的理によクなされている。すなわち使用量測是,使用量比較,使用量比の測定である。これらは電力の集中管理の初期よク考えられていたもので,改良進歩してはいるが新しい基本原理が実用化されるようなことはなかった。これらの原理を利用したリレーは同じ頃に設計されその中多くのものが初期の計器類から発達してきた。これらのリレーの基本的な形やメカニズムは最近まで根本的な変化はなかったが,戦後集中管理の増大でリレーの需要が可能な発展を超えたものとなり,新しい形のリレーの発達に.よる新装置が必要となっだ;写9図16
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る