{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013929202408   整理番号:60A0045441

ジェットフラップをもつ翼の誘導抗力に関して

A note on the induced drag of jet-flapped wings.
著者 (2件):
資料名:
巻: 64  号: 593s  ページ: 290-291  発行年: 1960年
JST資料番号: C0342A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジェットフラップ翼のジェット吹出しにより有効アスペクト比が減小する現象は,MaskellとSpenceがR.A.E.報告書Aero2612に発表した有効アスペクト比増大論と相対立する.これを説明するために誘導抗力は渦による抗力とジェットフラップの吹出流による推力に分けられ有効アスペクト比の変化が直接に誘導抗力の変化に結びつけられないことを解析している;図1参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る