{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013936144650   整理番号:60A0113253

チタン合金と熱処理鋼の角柱と円筒試験片の切欠き強さの関係

Relations between the notch tensile strength of cylindrical and prismatic specimens of titanium alloys and heattreated steels.
著者 (4件):
資料名:
巻: 82  号:ページ: 401-410  発行年: 1960年
JST資料番号: E0270B  CODEN: JEPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱処理した4340鋼を室温で引張って各種の応力水準における切欠き強さを測定した。また,チタン合金,6Al-4V,5Al-1.5Fe-1,4Cr-1.2Mo(Ti-155A)についても同様の実験を行なった。切欠きの形状,試験片の形,荷重の種類,材料履歴,試験温度の影響てついても調査した。これらの研究の結果からチタン合金の板材について切欠き感度を決定するための,切欠き引張試験片の設計に関する資料が得られた;写1図22表1参31
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る