{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602013967569404   整理番号:62A0155637

500°Cまでの軟鋼の疲れ現象

The fatigue behaviour of mild steels at temperatures up to 500°C.
著者 (1件):
資料名:
巻: 200  号:ページ: 452-457  発行年: 1962年
JST資料番号: C0314A  CODEN: JISIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
軟鋼の200~400°Cにおける引張強さと疲れ強さの増加する原因を4種類の軟鋼について検討した。引張強さはひずみの速度により,疲れ強さは繰返しの回数に影響されるが,強さの増加は脱酸方法および熱処理に左右され,その影響は脱炭によってほとんど防止される。400°Cを超えると疲れ強さは繰返回数よりもむしろ時間に依存し,疲れ極限は認められない。450°Cの真空中の疲れ試験ではこれらの現象が腐食疲れでないことを示しており,また疲れと繰返し塑性ひずみの関係も詳細に検討した;図8表2参9
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る