{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013998833908   整理番号:60A0121240

塩炭の成因に関する考察

Betrachtungen zur Genesis von Salzkohlen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 355-361  発行年: 1960年
JST資料番号: B0199A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
灰分の中に2%以上のNa2Oを含む固形燃料を塩炭と呼ぶ。塩化アルカリ,硫酸アルカリが含まれていると灰の融点は低下しボイラの燃焼室が汚れる原因となる。LissnerとLehmannによると炭層の塩類包含はかつ炭の段階において行なわれフミン酸カルシウムはNaClと反応してフミン酸ナトリウムになりCaCl3は地下水によって流去されるとしているが,筆者はこの説に反対している。その理由は石炭の毛細管間隙はこのような物質交換がおこなわれるほどに充分大きくないからである。東独の各地炭層の灰を分析して灰分と地質上の諸現象と比較して論議している
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る