{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602013999160524   整理番号:62A0182350

接触燃焼装置がいちじるしい成果をあげている

Catalytic combustion installation achieves remarkable results.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 32-33  発行年: 1961年
JST資料番号: C0137A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種エナメル焼付け金属片を製造しているEnamelstlip社でそのエナメル焼付炉の煙突下部に酸化触媒”Oxycat”を用いるこ煮により80%の燃料節約と400%の製品増産を行なうことができた。触媒を用いるとばい煙の発生がなくなり,煙突からの排ガス温度が高まるので,これを炉に還流して燃料節約とガス温度の均一化が得られる。またエナメルから生ずるキシロール蒸気の爆発防止の注意も述べている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る