{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602014038161928   整理番号:58A0052846

コロナ測定とその結果

Koronamesaungen und ihre Ergebniese.
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号: 8/9  ページ: 401-409  発行年: 1958年
JST資料番号: A0328A  ISSN: 0040-1447  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
より高い運転電圧に昇圧させるだめには,架空導線に生ずるコロナ放電現象を一層正確に研究する必要がある。すでに1925年にAEGで始められた試験と結果を述べ。そこの測定器,使用実績により,新しく開発した測定法に基き,Rheinauの400kVコロナ試験場の試験線用としてAEGより納入した測定装置を紹介。この Rheirau の新しい試験結果とAEGの古い測定結果を比較検討
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る