{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014068457554   整理番号:62A0026668

フランスとスペイン国境の互換車軸貨重による輪送

Le trafic en wagons a essieux interchangeables k la froa-tiftre franco-espagnole.
著者 (1件):
資料名:
巻: 81  号:ページ: 499-507  発行年: 1962年
JST資料番号: D0527A  ISSN: 0035-3183  CODEN: RGCFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
欧州は標準軌間だがスペインは1674mmであ,越境貨物は積換え輸送で不便であった。この欠点を除く方策が考えられ,農産物集荷中心地パラーソスからアソダイ経由でフランスのボルドーへ,さらにロソドソ,ブリッセル,7ムステルダムに向う綿地中海岸セルペールを越えフランスのアビニョソを経てクルン,スト,クホルム,プラー,ウィーソに向う2線が研究された。標進軌間重設案,輸心の軌間変換案等があったが,結局輪軸互換が実用化さ弗スペイン1.3l2両,Hイツ505両,フランス250両の標記貨車,上記市場までの所要日数を6日から4日に短縮し得た;図4表5

前のページに戻る