{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014068496886   整理番号:60A0101068

放射線検査用線形加速器

Linearbeschleuniger fur die Radiographie.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 38-44  発行年: 1960年
JST資料番号: D0278A  ISSN: 0025-5300  CODEN: MTPRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クライストロンのような強力な高周波電源の発達にょり.10MeV程度の線形加速装置が開発されたと指摘・量子エネルギーとAl,Fe,Cu, Pbの吸収係数,電子エネルギーと1mにおける線量率の実測値を示し,クライストロンの構造を原理的に示した,実用例として,Applied Radiation Co・の10MeV,Metropolitan Vickers社の4MeV,Mullard社の4MeVの性能を比較した.ベータトロンについては,4MeVでの感度は,10cm鉄板で0.4%,33cmで0.3%であった
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る