{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602014087749477   整理番号:58A0074185

成層姉盤上の基礎に対する経年調査

Zur Ermittlung des zeitlichen Verlaufes der Setzung eines Fundamentes auf geschichtetem Baugrund.
著者 (1件):
資料名:
巻: 53  号:ページ: 161-162  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0068A  ISSN: 0005-9900  CODEN: BESTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
時間経過と基礎の沈下量との関係を予言することは重要なことであるが非常に難かしい.本交は砂と粘土とが交互に層をなしている地盤についてテルツァギーなどの理論を用いて計算してむた結果を示しだものである
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る