{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014136743510   整理番号:62A0010658

ブリッジ線爆発燃焼の本質の研究

Exploring the nature of bridgewire explosions.
著者 (4件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 75-80  発行年: 1962年
JST資料番号: A0512A  CODEN: SPAEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
爆発燃焼を目的とするブリッジ線材は(1)銅,銀,アルミニウム,金,スズ,亜鉛,カドミウムのような沸点と蒸発熱が低いもの,(2)タングステン,モリブデン,白金,ニッケル,鉄,チタニウムその他のような沸点と蒸発熱の高いものの2種に分けられる。用いた線材は長さ0.290~0.580in径0.5~3ミル,ピーク入力5×1012~2×1014w/molの電力,空中,真空中,油中,ワックスで固めたもの各種状態のもとで実験。最も速いものでは10-7秒以下で爆発燃焼したと多くのデータを示し紹介;図6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る