{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014139589686   整理番号:60A0090520

スチレンの重合作用の抑制

Ингибирование процесса полимеризации стирола.
著者 (2件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 9-11  発行年: 1960年
JST資料番号: R0155A  ISSN: 0022-9466  CODEN: KCRZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いろいろの物質についてスチレンの重合抑制作用を調べた結果によれば,p-ニトロゾジメチルアニリン>いおう>木材タール重合抑制剤>キノン>ヒドロキノン>pオキシジフエニルアミン>o-ニトロフェノール,4-ニトロピリジン-N-オキシドの順である,スチレンの蒸留時に木材タール重合抑制剤めかわりにいおうを用いると,蒸留塔の使用期間が長くない。スチレンのロスも少なくなる;図2参9
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る