{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014146255270   整理番号:60A0047075

離心率および近日点角の決定に対する図式近似

A graphical approach to the determination of the eccentri-city and the perigee angle.
著者 (1件):
資料名:
巻: 27  号:ページ: 630-631  発行年: 1960年
JST資料番号: C0250A  CODEN: JASSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
与えられ初期条件の二体問題における離心率および近日点角の決定に対する図式法を不す。この解法の順序を説明し,その結果と特殊な場合も示している;図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る