{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014195365316   整理番号:60A0095931

送電線の過渡状態における過電圧によるコロナの影響

Об учете влияния короны на п ренапряжения впереходы режимах работы линий.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 6-13  発行年: 1960年
JST資料番号: R0027A  ISSN: 0013-5380  CODEN: ELEKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年長距離途電線の絶縁レベルを低下する傾向にかんがみ内部異常電圧レベルを下硬るあらゆる因子を正確に考慮することが要求される.このような因子として送電線の導体のコロナがある.これまでのコロナに関する文献は定常状態に対してのみである.そこで本文は過渡状態によるコロナ損について解析した.220kV,500kV,600kV送電線について述べた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る