{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602014220854254   整理番号:62A0117685

伝導率測定の繊維化学に対する応用

UEber textilchernische anwendungen der leitfaehigkeitsmessung.
著者 (2件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 816-817  発行年: 1961年
JST資料番号: D0038A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
繊維化学実験室における電気伝導の研究に直示式導電率測定器Type LFMが用いられる.比抵抗や導電率,比導電率の意義を述べ,比導電率は電解質の種類,濃度,温度などによって変る.LFMは10-1から10-7Ohm-1,cm-1の範囲の比導電率を求めうる.Sandozin NJ,Peregal O,Seconal O,Nekal BX,Amy⊥ofixなど繊維助剤溶液の濃度,温度と測定比導電率,さらにシリウスレッドF3BおよびクロラミンブリリアントグリーンBNの染料の各濃度の水溶液の25°Cにおける比導電率の変化過程をグラフに示し,さらに伝導度を利用する滴定法の原理など記述;写1図2参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る