{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014310034507   整理番号:60A0064652

ナトリウムダラポン(2,2-ジクロルプロピオン酸ナトリウム塩)の毒性

Toxicology of dalapon sodium(2,2-dichloropropionic acid,sodium salt).
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 47-51  発行年: 1960年
JST資料番号: C0251A  ISSN: 0021-8561  CODEN: JAFCAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
植物生長阻止剤としてのダラポンは実験動物に対する毒性は弱い.犬に1kg体重あたり100mg,1年間およびラット1kg体重あたり50mg,2年間連続投与するとじん臓重量が僅かに増加する.組織中や泌乳中ラットの乳中にいずれも検出される.実際上ダラポンの使用に無害であると結論できる
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る