{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602014323495627   整理番号:58A0045770

加硫活性剤としての金属酸化物の役割

The Role of Metal Oxides as Activators of Vulcanization.
著者 (3件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 526-538  発行年: 1958年
JST資料番号: E0020A  ISSN: 0035-9475  CODEN: RCTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いろいろの合成ゴム,加硫促進剤,活性充てん剤を用いた配合において ZnO, MgO, CaO,Ca(OH)2が加硫活性剤として示す効果を加硫物のモジュラス,引張強さ,膨潤度などの測定によって求めた:Kauchuk i Rezina 1957[1]22~31の英訳
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る