{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014339988453   整理番号:62A0160081

構造発展のヘルシニア段階との関連における中・後期古生代のたい積作用

Die Sedimentation im mittleren und oberen Palaeozoikum in Verbindung mit der herzynischen Etappe der tektonischen Entwicklung.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 249-251  発行年: 1962年
JST資料番号: H0092A  ISSN: 0044-2259  CODEN: ZANGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
デボン紀・石炭紀・二畳紀のヘルシニア造構造運動の推移とたい積環境の相違がおよぼす層相変化の規則性を考察し,これらに基づく金属・非金属・燃料鉱物資源の鉱床型の生成様式を分類して,その規則性の有用なることを強調したСов Геол Na58 8-24(’57)よりの独語による抄訳;図1参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る