{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014358610445   整理番号:60A0071313

飼料用マメ科植物の栄養 II Trifolium subterraneum L。の生育と化学組成に及ぼすカルシウム,りん,銅,モリブデンの相互作用

Studies on the nutrition of forage legumes.II.Some interactions of calcium,phosphorus,copper and molybdenum on the growth and chemical composition of trifolium subterraneum L.
著者 (2件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 97-127  発行年: 1960年
JST資料番号: H0060A  ISSN: 0032-079X  CODEN: PLSOA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
砂耕法によりCaとCu量を低くMoとPの量を多くした。窒素固定はCaやCuの欠乏により阻害されるがMoとPは収量に影響し,GaとCu欠乏は高濃度の硝酸塩を含む植物にあらわれたが,共生植吻ではN欠乏としてあらわれた,またGaとCu,CaとP,CuとPの相互作用を化学分析の値から論じた;写3図4表19参24

前のページに戻る