{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014381051941   整理番号:60A0055355

アルミニウム中チタンの比色定量 チロン(1.2-ジオキシ-3.5-ジスルホン酸ベンゼン2ナトリウム塩)の利用

Dosage colorimetrique du titane dans l’aluminium de premiere fusion.Methode au tiron (dioxy-1,2 benzenedisulfonate-3,5 de sodium).
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 377-380  発行年: 1960年
JST資料番号: B0276A  CODEN: CHALA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
試料をNaOH溶液で処理し,生じた水酸化物を硫酸に溶解後,チロンで発色させて440mμの吸光度を測定.鉄,マンガンが共存する時はチオグリコール酸で還元する

前のページに戻る