{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602014484802392   整理番号:60A0018114

表面ひずみの光弾性的測定法 III

Photoelastic measurement of surface strain.III.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号: 380  ページ: 295-298  発行年: 1960年
JST資料番号: A0549A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
I.IIの総括的な議論.現在の光学的または光弾性材の特性などによる限度はあるが弾塑性または塑性域における応力の測定には充分可能性がある.しかしこの方法をより進めるにあたって必要なことは装置からくる精度の問題,材料としては弾性域でも感度のよい材を求める必要などである.付録(1)試験片を製作するにあたって実際に技術的な注意として,試片の接着,組立,接着剤の厚さ,型取,型材の選定,その許容寸法,型取行程,機械加工,転削機などについて.付録(2)動荷重(疲労試験)による切欠のある軽合金の試験例を示す.荷重はローゼンハウゼンU,H.P.50疲労試験機によった;図1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る